複数社のキャッシングを借り換え借金で貸し付け一本化やる長所

複数社のキャッシングを通じてできた借入金を、借り換え貸し出しで一つにまとめて一体化しまえば返金が楽になります。

 

あんな銀行や消費者金融の掲示を見たり、広告されたりしたことはありませんか。

 

確かに、おまとめ貸し出しで、それまでの借入金よりも低利息の借り換えができれば、月々の返済額は縮小しますし、総返済額も大幅に減らすことができるでしょう。上手におまとめ貸し出しによることができれば、最終的な返済額が10〜総計10万円ほど差が出る場合もあります。

 

しかし、その場合はほぼ高い確率で、銀行のおまとめ貸し出しか、銀行のカードローンを借り換え一体化に利用したタイミングです。

 

金融機関には大きく分けて銀行、信販会社、消費者金融の3つがあります。その中でも特に低利息なのが銀行です。銀行貸し出しを借り換えに利用することができれば、月々の返金難儀をかなり減らせる見込みがありますが、消費者金融のおまとめ貸し出しは、銀行貸し出しよりも利息がおっきいので、銀行以上のメリットは期待できないでしょう。

 

よって、おまとめ貸し出しによるなら、本命は銀行カードローンか銀行おまとめ貸し出しがおすすめです。私のウェブサイトでは、オリックス銀行カードローンを推しています。なぜなら、オリックス銀行カードローンは利息が少なく、限度額も幅広いので借り換えの支出にもうってつけだからです。

 

 

 

消費者金融のおまとめ貸し出しがあまり勧告できない意図とは?

貸金業法には総量管轄という決まりがあります。総量管轄は簡単に言ってしまえば、個人の借入金を収入の3分の1までに制限する常識です。総量管轄は貸金社のキャッシングや貸し出しを対象としていますが、銀行は対象外です。従って、総量管轄にて管轄を受けるのは消費者金融と信販会社となります。(信販会社はキャッシングは管轄されますが、クレジットカードは総量管轄の向きとはなりません)

 

消費者金融は、総量管轄を通じてお客様への貸付けを制限された結果、別の新たな領域に力を入れ始めました。それが、おまとめ貸し出しとなります。消費者金融がおまとめ貸し出し商品に力を入れる理由は、おまとめ貸し出しならば消費者金融の貸付けけれども総量規制の対象外となるからです。

 

なぜ、総量管轄の対象外になるのかというと、それはおまとめ貸し出しという経済ものの性質に起因しています。おまとめ貸し出しは、キャッシングやクレジットカードの費消などの複数の借入金を、おまとめ貸し出しによって皆済して一体化を考えることで月々の返済額、総返済額を減らせる可能性がある経済ものです。おまとめ貸し出しで借り換え一体化することで、お客様の借入金状況が有利になり得をする場合に限り、消費者金融のおまとめ貸し出しも総量管轄の対象外となります。

 

ただし、個人的には消費者金融のおまとめ貸し出しはあまりおすすめできません。
なぜなら、利息の上ではやはり銀行のおまとめ貸し出しやカードローンの方がよりお得な借り換え一体化が可能だからです。
消費者金融のおまとめ貸し出しで借り換え一体化をしても月々の返済額を減らせるかもしれませんが、より低利息の銀行カードローンを利用しての借り換えの方が月々の返済額はもっと減らせるとは思いませんか。

 

たとえば、アイフルのおまとめ貸し出しである『おまとめ最上級』の利息は12.0〜15パーセンテージです。それに対して当ウェブサイトで紹介したオリックス銀行カードローンの利息は3.0〜17.8パーセンテージ。最大利息こそアイフルが勝っていますが、最低限利息は9パーセンテージ以上もの開きがあり、オリックス銀行カードローンの方がよりお得な借り換え一体化ができる見通しに満ちています。

 

また、借入金限度額についても、アイフルの『おまとめ最上級』は500万円ですが、オリックス銀行カードローンは極度800万円です。従って、オリックス銀行カードローンの方がより多額の借入れを一体化することができます。

 

消費者金融のおまとめ貸し出しも、それまでの借入金よりは返済額を削減こなせる見込みがありますが、オリックス銀行カードローンの借り換えの方が、より返済額を減らせる可能性があるでしょう。

 

したがって、もし借り換えをするつもりがあるならば、まずはオリックス銀行カードローンの審査を受けてみることをおすすめします。